津田みどり公園

木材団地に沿った細長い公園。
ちょっとした「桜の名所」でも知られています。

天気もよく、散歩したり、運動したり・・
木のある公園はいいですね。

ランニング中だったので、いつもと少しコースを変えて団地の中へ。
ちょっと走ると・・・

道に大きく迫り出した木に脚が止まります。

そこは、団地の中にある小さな公園でした。
あとで近所で住んでる電気屋さんに聞いたのですが、ここも「みどり公園」と
呼ばれてるそうです。

まわりは割と家が建て込んでいて、前の道路も広くありません。
「普通」なら・・・これだけ迫り出していたら、大胆に枝を剪定されても
おかしくないでしょう・・

「近隣の方の理解があるから」とかいうものでなく・・・
うまく共存出来ている感じです。
団地が出来て・・家を建て・・子供を遊ばせ・・世代が変わって・・孫と遊び・・・
木はそんな団地の多くの世帯の成長を、ずっと見守ってきたように感じました。

人を見守り、人に守られ、これからもずっと良い関係が続いていくことを願っています。

 

コメントは停止中です。