久々の

投稿です。

これは、けっこう街路樹問題の核心ですね。

鳴門のメグさんからです・・・

何気ない、銀杏の街路樹なのですが

清掃された後(冬には)、切り株だけの姿になってしまっているのが

何本かあります。

でも、この時期、必ず新芽が元気に出てきます。

健気、生命力、あきらめない・・・。

50過ぎて、「まあええかあ」と思い勝ちのわたしは

これ見ると、背筋が伸びるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

刈り取らずに、おいておくと、どうなるのか、知りたいんですが

教えていただけませんか?

 

A new contribution…

I think this is very interesting point of view about this issue.

From Megu-san of Naruto…

Unconcerned just a casual ginkgo tree lining.

These trees always show their naked figures after trimming period.
They lose all the branches every year, looks like shabby telephone poles…

But in this season, they start to put out new buds cheerfully.

It’s admirable, we feel life force, they never give up…

I… past fifty, tend to think “no choice…O.K….all right…”
These scene straighten my back.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I hope somebody could teach me what happen if these trees don’t
accept anual trimming?

 

コメントは停止中です。