「街路樹のこと、みんなで話そう会」を振り返って・・

7月18日。
両国公園で開催された
「街路樹のこと、みんなで話そう会」は無事終了しました。
炎天下の中でしたが、木陰の下で気持ちよく過ごせた会でした。

街路樹のことを考えはじめて随分経ちます。
街路樹には効果と弊害が存在します。

行政の立場の意見、近隣住民の話、
そして剪定を行う業者の方の話から
汚く剪定された街路樹にはいろんな経緯があったことが
解ってきます。
街路樹の話が難しいのは、それぞれの立場での話には
誰も間違った事を言ってないということです。
今回の会では、それがお互い明確に解り合えたことが何よりよかったと
思います。

正直、会が終わるまでは、どこまでいっても解決しそうにない問題だなと
思う事もありました。。
でもまたほんの少しですが「何かが変わればいいな」と思えるようになりました。
またみんなで知恵を出し合い、頑張っていきたいと思います!

暑い中、大勢の方に参加頂き、本当にありがとうございました。
そして多くの方々の御協力に深く感謝致します。

公共建築学団一同

コメントは停止中です。