新町橋南踊り広場

ここ数日の活動のことです。

毎年賑わう阿波踊り。

新町橋袂の新町公園ステージでの踊りも定着し、
「桟敷でみるよりここがいい!」と、席(無料)を確保に
毎年同じ県外からの常連さんも多くいるようです。

ここのステージ。
県や市の補助に頼らず「市民ボランティア」で出来ているそうです!
「楽しみにしてる人がいますから!」と
厳しい状況ながらも今年も設営を決意した金森氏。

建築として協力出来ることを考えると
合理的なステージを考えることでコストの削減につながります。

みんなの気持ちで成り立っている「新町橋南踊り広場」。

今回は公共建築学団として協力させて頂きました。

コメントは停止中です。